開催概要

大会テーマ

共生文化創造への途 

 - 福祉教育・ボランティア学習の新たな展開を探る-

開催趣旨

第24回あいち・なごや大会実行委員長 原田正樹
第24回あいち・なごや大会実行委員長 原田正樹

  地域共生社会の実現にむけて、様々な取り組みが始まっています。制度の改革も必要ですが、「共生社会」をつくるためには、人々の意識が問われます。地域社会には、支え合う「優しい顔」と排除する「冷たい顔」の二面性があります。包摂型社会をめざすためには、社会的排除の現実に目を向けなければなりません。多様性を認め合うことは簡単なことでありません。しかしノーマライゼーションを理想で終わらせずに、どうしたら具現化できるかを真剣に考えて一人ひとりが行動を起こさない限り、共生社会は実現できません。

 

  そのときに重要になるのは私たちの「学び」です。改めて、権利としての共生にむけた学びを生活のなかに創出していくこと。その学びにもとづく意識と行動、その結果つくりだされる地域社会が共生の文化を育む礎になります。

 

 2009年、日本福祉教育・ボランティア学習学会は、ここ愛知で開催しました。そのときのテーマが「共生文化創造への途」でした。 

 

 私たちは共生を「文化」にまで高めなければ定着しないと考えてきました。あれから9年が経過し、再び愛知で第24回大会を開催します。この間の社会の変化を踏まえ、新たな展開を模索したいと思います。「福祉教育・ボランティア学習」は、福祉、教育、ボランティア、学習が、様々に織りなしあい、多様な可能性を生み出します。

 

 ぜひこの大会を通して、多くのみなさんと一緒に共生文化の創造にむけて、次の一歩を踏み出しましょう。

主催

 日本福祉教育・ボランティア学習学会

 日本福祉教育・ボランティア学習学会第24回あいち・なごや大会実行委員会

共催

 日本福祉大学・愛知県社会福祉協議会・名古屋市社会福祉協議会

 東海市社会福祉協議会

後援

 愛知県・名古屋市・東海市・愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会

 愛知県共同募金会・AJU自立の家・地域福祉サポートちた 

 (予定)東海市教育委員会